2018年1月12日金曜日

星野・星景写真撮影用 ボータプル赤道儀 SEIYA-15_Rev2 その③ ドライブユニット 組み立て

星野・星景写真撮影用 ボータプル赤道儀 SEIYA-15ドライブユニットです。

3D プリント部品の試作第一号です。
ネジ穴がなかったり、ドライブモーターの配線穴が無かったりといくつかの不具合はありましたが、おおむね当初の設計通りの製品になりました。

このドライブユニットは最長追尾時間が15分と短いですが赤経プレートがほとんど重なり機械的な剛性の高い領域しか使わないため搭載荷重が高くなります。

200mm程度の望遠レンズを使い実写してみたいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿

Eマウント用 コマコレクタ レンズセル

赤外カットフィルターを外した一眼レフをニュートン式望遠鏡に取り付けると イメージセンサーが外気にさらされます。 そして風などで舞い上がった花粉、微細粉塵によりイメージセンサの表面に付着することになります。 適切なクリーニングでこれらは取り除くことができますが、根本的にカメラ...