2020年5月25日月曜日

熱可塑性ポリウレタン 3D プリント

PolyFlex TPU 熱可塑性ポリウレタンフィラメントを使用した3D印刷を行ってみました。

今回はT42リングのキャップをプリントしてみました。
T42リングは、T42 カメラマウントアダプタで一眼レフカメラを望遠鏡に接続する目的で使用されることか多いのですが、以前作成したTリング内にコマコレクタレンズやフィルターを組み込んだ場合、Tリングをカメラに取り付けたままΦ42mm,ネジ部から取り外すとネジ潰れやホコリの侵入が気になっていました。



TPU 熱可塑性ポリウレタンは、

高い摩耗性
低温での柔軟性 (脆化温度は-70度!)
高い耐候性 耐オゾン製
薬品や耐油性もあります。 (試しにアセトンをかけてみましたが溶けだすことはありませんでした!!)

と優れた物質特性を持ちますが

唯一 熱に弱いですが (水に浸したままレン・チンしてみましたが沸騰しても変形はしませんでいた。)

レンズキャップには十分です

折り曲げた際の復元力もよく 曲げてもほぼ元通りになりますし
引っ張っても 引きちぎれません。
イメージとしては 女性が髪をまとめる際の細いゴム(100均で売られている)
指が痛くなる位引っ張っても切れない輪ゴムの材質に似ています


このフィラメントは柔軟さを保ったまま高い寸法精度で印刷できますが、

印刷速度を落とさないとうまく印刷できない(時間コストアップ)のと、フィラメントそのものが高価なのですが つかえる素材ですね。













2020年5月19日火曜日

CNC1310 GRBL 0.9j to 1.1h バージョンアップ その3

ミーリング加工のメリットは、薬液によるエッチング工程が無いため、加工中の基板を取り外すことなく、工具を交換するだけで基板加工が完結します。

基板を取り外すことが無いため 基板取り外し後の再設置時の原点や軸アライメントが不要なため精度を保ったまま高精度な加工が可能です。
ただいま ガラスエポキシ基板のΦ1.6mmランド中心にΦ0.5mmの穴加工中

ランドの中心に加工穴が整然と開けられていきます。 DIPの穴あけは治具があっても手加工は面倒なもの 自動はいいです。

これで実力も把握できましたのでいよいよバージョンアップを行います。

でも0.9jに不満が無ければ無理にアップデートする必要性は感じません。

元に戻せることを確認してからバージョンアップを行いたいと思います。





2020年5月18日月曜日

CNC1310 GRBL 0.9j to 1.1h バージョンアップ その2

現時点のGRBLは0.9jですが動作確認と実力を知るために以前作成した
CNC3018用 拡張I/O  基板をミリング加工してみました。

絶縁幅は0.4mm  基板外形のVカットの深さは0.6mmですが、基板切り離しはダイヤモンドディスクで切断しますからケガキ線みたいな感じです。
CNCの剛性は高いようでガラスエポキシにも関わらず振動もなく切削面のきれいなV溝を刻んでくれます。ステージ寸法が130mm × 80mmしかないので小さな基板しか作れませんが
エッチング工程が省けますので短時間で基板作成が行えます。
粉っぽいですけどね。
この作業を行う場合は集塵機は必須ですよ。





2020年5月15日金曜日

CNC1310 GRBL 0.9j to 1.1h バージョンアップ その1

5000系アルミ材のパーツや試作PCB Milling用の卓上CNCですが本格稼働を前に、CNC1310本体Firmwareと制御ソフトであるGRBLcontrol(candle)のバージョンアップを行いました。

まずは本体Firmwareから行います。
もともとは ArduinoベースのGRBL0.9jがインストールされていますが、これをGRBL1.1h
にバージョンアップします。


ちなみにこのリリース以前は1.1fでしたがなぜかこの1.1fには2017/2/1版と1.1fの重大バグを取り除いた? 2017/8/1版があるようで(ソースコード改変したなら バージョン変えるべきでは 笑...) 注意が必要です。

今回は1.1fは使用しないで1.1hに変更します。重大な不具合の修正とありますから適用しておいたほうがいいでしょう。更新後のリポートは後日行いたいと思います。


注意点は、これらGRBLのクローンCNCは ソースコード ハードウェアが公開されていますが、製造元が、カスタマイズ(ほとんどの場合はX,Y,Z軸の方向や作業領域そして移動速度やスピンドルの回転PWMの既定値など)している場合があります。

ソースコードが添付されている場合は、config.hにそれらしい記述がありますから最新版のソースコードのconfig.hを比較しながら書き換えますが、添付が無い場合や公開されていない場合は、いきなり更新せずに現在の設定値をメモしておく必要があります。

これを怠るとが軸方向が逆になったり送りピッチが狂ったり加減速に不具合が出る可能性があります。ご注意ください。

「急がば廻れ」は名言かもしれない


作業手順としては

1) Arduino IDEの準備
2) GRBL 最新版の入手 GitHubより
3) 製造元によるカスタマイズされた設定値を確認
4) 確認した設定値をベースに最新版GRBLを書き換える
5) ビルド
6) 転送
7) バージョンと設定値を確認する





2020年5月8日金曜日

NanoVNA 保護ケース

VNAをご存知でしょうか?
vector network analyzerを略した呼び方で、すでにあちらこちらのサイトで取り上げられていますので詳細は割愛しますが、高周波回路、フィルタ、アンテナなどの自作や試作において強力なサポートツールになり得る測定器のことです。

これまでは高価なことから企業ならともかく個人やホビーストによる入手が困難でしたが、近年では電子デバイスの高機能高性能化か進み(モバイルフォンの恩恵) 非常に安価にしかも、そこそこの性能の製品がネット通販で入手できるようになりました。5k~6kJPY !!!!

試しに金属ケースの表記のある電磁ノイズ耐性のありそうな商品を入手しましたが、コストダウンなのか、ケース..特に側面が開放されている商品が多く、耐ノイズ性はともかく、側面からの導電性の異物混入による故障が懸念される構造です。

このためなにか金属ケースに格納することも考えたのですが、適当な金属ケースが手元になかったため急遽3Dプリンタでケースを作ってみました。

3Dプリンタによるケース自体は既にFree STLが公開されていて、今さら感がありますがいかがでしょう 笑


シェルは上下に分割されたモナカ構造で 材質はABSで 色はクリアとブラックのABSフィラメントが部品棚にありました。

うまくできたら頒布も考えています。


まずはファーストショットで引けや熱収縮によるキツさ下限や組み立て易さの様子を見てからですね。

2020年3月31日火曜日

これは屋外使用を前提としたパソコンラックです。 (フレームというべきか)









 オフィスでの使用を前提とした

ノートパソコンやデスクトップPCは、屋外で使用する場合は、突然の雨や雪、夜間の霜や露など使用環境が違いすぎてなかなか使用しにくいものです。

特に、電源の確保や夜間の露、風による砂塵どれもパソコンにとっては大敵です。

本製品は、アイリスオーヤマ社製RVボックスに収めることで屋外環境に耐え、パソコンやバッテリ、周辺機器/器材をコンパクトに収納でき<
配線もあらかじめ済ませておくことで、配線などの面倒な準備作業もなく設置してすぐにパソコンを使用することができます。

現在の仕様は
 1)パソコン TOSHIBA EQUIUMシリーズ (Windows 10 64bit) SSD 480GByte
 2) バッテリ 40B19L  自動車用 メンテナンスフリー鉛バッテリ 12V
 3) DC-DCコンバータ  12V-->19V (5A) PC用
 4) DC/AC (正弦波インバータ) max 500W
 5)バッテリ充電器 AC100V 自動車用バッテリ充電器 トリクル充電可能
 6)シガーソケット 3口
 7)3極 ACコンセント サージプロテクタ付き 5 口(くち)
 8)USB GPS
 9)USB -Wifi アダプタ (WiMAX接続可)
 10)USB IRリモコン送信機 周辺機器操作用

上記をコンパクトに収納可能です。

フレームは鉄のLアングル 各ユニットは タイダウンベルトで固定しますので
ある程度自由度があります。

重いのでキャスターはつけてありますが バッテリやパソコンなど20kg近い重量がありますので、腰を痛めないよう注意してください。

当方は、天体観測時のオートガイドやその場でのスタック処理 天体の自動導入に使用しています。
一晩の観測はバッテリ動作が可能ですが上記の構成であれば充電しながらの使用も可能です。

 ノートPCを車中に置いて、Wifi接続しリモートデスクトップで観測と撮影のほぼすべての操作が可能です。快適です...が 自動導入時は鏡胴が三脚にあたる可能性もあるのでやめておいたほうが良いです。
導入スピードが速いと導入時に鏡胴が当たらないかヒヤヒヤします。 Hi

このラックは受注生産になり納期2か月ほどになります。

組み合わせる周辺機器は用途により変わりますのでお問い合わせください。
お問い合わせは service@palm-dreams.comまで


2019年2月19日火曜日

CNC レーザー加工機

PCB基板試作を自動化できないか試行錯誤した結果 Arduinoで動作するCNC加工機が導入しやすいという判断に至りました。

一般的に基板試作は、

1) 回路図作成
2) PCBパターン図作成
3) 焼き付け
4) エッチング または ミリング
5) ドリリング
6) PCB外形加工
7) 部品実装
大まかに上記の手順を踏むことになりますが
3)~6)の工程のほとんどをCNCによる加工で再現性の良い基板が試作できます。

ただし難点はCNC加工時のヘッドがレーザー光による場合とモータ・スピンドルによる切削や穴開けなど場合により加工ヘッドが異なります。

今回は試しにモーターヘッドにレーザー加工ヘッドを同時搭載可能なアタッチメントを3Dプリンタで試作してみました。
はてさてどうなることか..

熱可塑性ポリウレタン 3D プリント

PolyFlex TPU 熱可塑性ポリウレタンフィラメントを使用した3D印刷を行ってみました。 今回はT42リングのキャップをプリントしてみました。 T42リングは、T42 カメラマウントアダプタで一眼レフカメラを望遠鏡に接続する目的で使用されることか多いのですが、以前作成...