2017年6月26日月曜日

ラズベリー・パイ インテリジェント スコープ カム Raspberry Pi Intelligent Scope Cam phase 1


高性能な ARM Cortex-A53 1.2GHz 1GB RAM と デュアルコア VideoCore IV 400MHz GPU を持つ Raspberry Pi 3が発表されてから一年ほど経過しましたが、このボードコンピュータを組み込んだカメラシステムのための Φ31.7 接眼アダプタを組み込んだケースを3Dプリントしてみました。

接眼部は6000系アルミニウムを切削加工して精度と強度を確保しています。

用途としては、接眼部を交換できるスコープなら天体望遠鏡、フィールドスコープを問わず使用できます。Φ31.7接眼部を持つフィールドスコープにも使えますが、ネジは切っていないのでお使いの器材に使えるかどうかは接眼部の構造次第になります。

カメラ部に軽量、高性能なRaspberryPi 3にOpenCVを組み込むことで静止画、動画撮影と同時に画像処理を直接行うことができます。

例えば

1)特定の形状を認識して、イメージの保存、I/O 出力 または、mail送信 etc
2)決められた時間内に基準以上の移動量/変化量のある部分を抽出
3)特定の色を識別
など様々な用途に応用できます。



現在作成のものは、USB,HDMI,Ethernet フォーンジャック穴をすべて開けてありますが、夜露など防滴、防水性を考慮した、穴無し(電源ケーブル用の丸穴のみ)のタイプもあります。

この穴無しケースを使用した場合の操作は、Raspberry Pi3 に標準装備されている 802.11m Wifi Bluetooth 経由のrealVNC (リモート)で操作することを想定しています。

梅雨明けの 天体、流星観測に間に合うようにリリースする予定です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

気象計測センサー ⑧ノードコントローラ

気象観測を自動的かつ電子的に長期間継続的に行おうとすると最後まで問題になるのが「電源」と「表示/操作」です。 特に東日本大震災で経験した一週間にも及ぶ停電も考慮すると低消費電力であることは必須項目になるわけです。 表示器やキー入力機能に関しては常時必要はないのですが、メン...