2017年2月20日月曜日

3Dプリント 卓球マシン 初号機 その① 

3DプリントのABS成型の精度というか熱収縮の補正方法が掴めたので、ある程度メカっぽいのを..

ということで 卓球マシンを作ってみました。 

初号機の仕様は打ち出し速度90km/h以上 スピンは全方向。首振り機構はなし。
でも意外と早い速度で強力スピンをかけられることは確認しました。
コントローラは Arduino + サーボ + DCモータ..

スピードガン計測では、今のところ打ち出し後約2.5m飛んだところで55~65km/hでばらつきます。
初号機の構成ではこれ以上の球速が望めなさそうなのでただいま一号機を試作中..

目標は100km/h以上。試した感じでは打ち出しモーターは大きければよいってものでもないみたいですね。特にピンポン玉の表面の汚れの影響大.. スリップしちゃいます。

もう少しで一号機が完成します。
こちらは 首振り (上下、左右) 付きです。



初号機の動画はこちら




0 件のコメント:

コメントを投稿

PCB基板試作用卓上CNC アクセサリ その参 レーザーヘッドアダプタ

現在市販されているArduino ベースの卓上CNCには、エンドミルを使用した機械切削とレーザーヘッドを使用した熱による加工に二分されているようです。 今回はレーザー光による加工を行うための レーザーヘッドアダプタを作成しましたので紹介いたします。 今回はPCB基板のレー...