2014年11月12日水曜日

Palmデバイス間でアプリを移動するときには 赤外線IrDAが便利

Palmデバイス間で、データやアプリを移したい場合は、赤外線IrDAという方法があります。

IrDAというと、どこから赤外線が出てくるのか判らず、向きを合わせるのが面倒だし到達距離が短いなど、今では、ネットワーク経由のクラウド共有という方法にすっかり取って代わられましたが、

なにしろpeer to peerでお手軽なことには代わりありません。



例では、SONY UX50にインストール済みのPalm アプリを TG50に移しています。



ではご覧下さい。





YouTube






0 件のコメント:

コメントを投稿

気象計測センサー ⑧ノードコントローラ

気象観測を自動的かつ電子的に長期間継続的に行おうとすると最後まで問題になるのが「電源」と「表示/操作」です。 特に東日本大震災で経験した一週間にも及ぶ停電も考慮すると低消費電力であることは必須項目になるわけです。 表示器やキー入力機能に関しては常時必要はないのですが、メン...