2017年12月9日土曜日

人工衛星(435MHz JAMSAT)を追いかける その⑦受信アプリインストール 実践編4

gqrxのインストールも終盤です。

予め、ダウンロード後解凍したフォルダに移動しておきます。
場所は
pi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $

です。
もし違っていたのなら

$cd /home/pi/gqrx-2.6-rpi2-2
で移動しておきましょう。


pi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $
pi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $ sudo apt-get updatepi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $ sudo apt-get upgrade
 pi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $
sudo reboot


GUIツールQtをインストールします。

pi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $ sudo apt-get install libqt5gui5 libqt5core5a libqt5network5


パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
libqt5core5a はすでに最新バージョン (5.7.1+dfsg-3+rpi1) です。
libqt5core5a は手動でインストールしたと設定されました。
libqt5gui5 はすでに最新バージョン (5.7.1+dfsg-3+rpi1) です。
libqt5gui5 は手動でインストールしたと設定されました。
libqt5network5 はすでに最新バージョン (5.7.1+dfsg-3+rpi1) です。
libqt5network5 は手動でインストールしたと設定されました。
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 2 個。
pi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $ sudo apt-get install libqt5widgets5 libqt5svg5 libportaudio2

ではインストールのためのセットアップスクリプトを実行します。
この作業は自動的に行われます。
エラーが発生せず終了するはずです。

  pi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $./setup_gqrx.sh




では動作を確認します。

  pi@SDRPI0:~/gqrx-2.6-rpi2-2 $ ./run_gqrx.sh

これでインストールは完了です。

自動起動登録するか ショートカットを作成しておくと便利でしょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿

気象計測センサー ⑧ノードコントローラ

気象観測を自動的かつ電子的に長期間継続的に行おうとすると最後まで問題になるのが「電源」と「表示/操作」です。 特に東日本大震災で経験した一週間にも及ぶ停電も考慮すると低消費電力であることは必須項目になるわけです。 表示器やキー入力機能に関しては常時必要はないのですが、メン...